yokoken001’s diary

読書メモ・レジュメ・レポートなど

科学史・科学哲学・科学社会学

Aitken, C.W , Chapter3

Aitken Continuous wave, Chapter 3 Elwell, Fuller, and the Arc (pp.87-161) 本章では、フェデラル無線電信のElwellおよび彼の後継者であるFullerという人物に焦点を当て、彼らが火花式からアーク式へと送信技術を一新させる過程が描かれる。アーク送信機…

Aitken, C.W , Chapter2

Chapter 2 Fessenden and the Alternator (pp.28-86) 以下はかなり長文になっていますが、私が理解した範囲で、第二章の内容をまとめています。 (三章以降はもっと簡潔にします。) 1899年11月22日に、Western university of Pennsylvania(現在のピッツバーク…

Aitken, C.W, Chapter 1

Hugh D.J. Aitken Continuous Wave: Technology and American Radio. 1900-1932, Prinston University press, 1982.という文献を読みます。 かなり高い山ですが、少しずつ登っていきます。読書メモ(主に要約文)を作成しながら、読み進めていきます。 余裕が…

Hong, Sungook (2001). Wireless- from Marconi’s black-box to the audion, The MIT Press.

本書は、ソウル国立大学の教授であるHong(洪)氏が、マルコーニの無線電信機から三極真空管までの無線通信の歴史を描いたものである。初期の無線通信史の先行研究としては、Aitkenによる『同調と火花』、『連続波』があるが、彼でさえも科学的・工学的実践の…

David Edgerton (2007) “The shock of the old” , Chapter 4 Maintenance

David Edgerton (2007) “The shock of the old- Technology and Global History Since 1900” Oxford University Press Chapter 4 Maintenance メンテナンス(maintenance)は、人とモノとの関係において非常に重要な活動であるにも関わらず、技術史でもあまり…

沢井実『近代日本の研究開発体制』とその書評を読む。

沢井実『近代日本の研究開発体制』(名古屋大学出版会、2012年) 本書は、研究開発体制(ナショナルイノベーションシステム)の近代日本における特質を約半世紀に及ぶ長期的な視点に経って600頁以上に渡って考察した大作である。著者が描く見取り図は、幕末から…

Hugh G.J.Aitken , Syntony and Spark: The origin of radio (4)-1

Hugh G.J.Aitken , Syntony and Spark: The origin of radio, Wiley, New York,1976. (Princeton Univertsity Press,Princeton Ligacy Library,2014), Chapter 4. 前半(pp.80-124) 前章のヘルツに続いて、第四章ではオリバー・ロッジの業績を中心に論じられ…

Hugh G.J.Aitken , Syntony and Spark: The origin of radio (3)

Hugh G.J.Aitken , Syntony and Spark: The origin of radio, Wiley, New York,1976. (Princeton Univertsity Press,Princeton Ligacy Library,2014) , chapter 3 . 第三章は、ハインリッヒ・ヘルツの業績を中心に論じた章である。彼は、マックスウェルの理…

Hugh G.J.Aitken , Syntony and Spark: The origin of radio (1)

Hugh G.J.Aitken , Syntony and Spark: The origin of radio, Wiley, New York,1976. (Princeton Univertsity Press,Princeton Ligacy Library,2014) 技術史家Aitkenによる無線通信史の古典を、少しずつ読んでいきます。 第一章 新しい物事はいかにして生じ…

Jeremy Vetter “Explaining Structural Constrains on Lay Participation in Field Science”

Jeremy Vetter “Explaining Structural Constrains on Lay Participation in Field Science” Isis,Vol110,No2,pp.325-327. ↓DL可 https://www.journals.uchicago.edu/doi/full/10.1086/703334 Jeremy Vetterは、20世紀西アメリカのネブラスカの採掘場おける…

Halen Anne Curry “Why Save a Seed?” Isis,vol.110,No.2(2019)

Halen Anne Curry “Why Save a Seed?” Isis,vol.110,No.2(2019),pp337-340. ↓ここからDL可 https://www.journals.uchicago.edu/doi/pdfplus/10.1086/703337 ISISの110巻第2号(2019年)では、「科学史における説明」という特集が組まれた。13人の歴史家は、各…

池内了『科学者はなぜ軍事研究に手を染めてはいけないか』を読みました。

本書は、軍事研究の反対論を唱えてきた著者が、若い研究者へ向けて「軍事研究に手を染めてはいけない」という倫理的な規範を示した指南の書である。 池内了『科学者と戦争』(岩波新書、2016年)は、益川敏英『科学者は戦争で何をしたか』(集英社新書、2015年)…

論文レビュー

高橋雄造「『ラヂオ』から『無線と実験』へー日本最初のラジオ雑誌」『科学技術史』第11号 (2010年) 1-36頁。 エレクトロニクス工業史において、産・官・軍といったformalなセクターに対して、アマチュア無線家、ラジオ工作少年、フリーランサー、中小企業と…

Kenneth D. Aiello, Michael Simeone “ Triangulation of History Using Textual Data” ISIS, volume 110,No3 (2019) ,pp522-537.

アメリカ科学史学会が発行しているジャーナルIsisの特集である”Focus”に掲載された論文。2019年第3号では、” Computational History and Philosophy of Science”と題された特集号が組まれた。本稿では、ビッグデータへの関心の高まりを背景にしつつ、近年利…

Paul White(Chapter 11) ”The Man of Science” A Companion to the History of Science,Bernard Lightman ed.,John Wiley&Sons, 2016.

Paul White(Chapter 11) ”The Man of Science” A Companion to the History of Science,Bernard Lightman ed.,John Wiley&Sons, 2016. ”A Companion to the History of Science”という最近(2016年)出た教科書からの一章。 周知の通り、1834年にヒューエルは"…

Peter Krose, Maarten Franssen and Luis Bucciarelli “ Rationality in Design” Handbook of the Philosophy of Science. Volume 9: Philosophy of Technology and Engineering Sciences, 2009.

Peter Krose, Maarten Franssen and Luis Bucciarelli “ Rationality in Design” Handbook of the Philosophy of Science. Volume 9: Philosophy of Technology and Engineering Sciences, 2009, pp.565-600. 『Philosophy of Technology and Engineering Sc…

Chapter 9(Theodore Arabatzis) “Hidden Entities and Experimrntal Practice: Renewing the Dialogue Between History and Philosophy of Science”,

Chapter 9(Theodore Arabatzis) “Hidden Entities and Experimrntal Practice: Renewing the Dialogue Between History and Philosophy of Science”, Integrating History and Philisolhy of Science, Boston Studies in the Philosophy of Science 263,pp.1…

Chapter 8 (Hasok Chang) “Beyond Case-Studies: History as Philosophy”

Chapter 8 (Hasok Chang) “Beyond Case-Studies: History as Philosophy” Intergrating History and Philosophy of Science,Boston Studies in the Philosophy of Science 263, pp109-124. 今年の3月に開いた読書会で扱った論文が、秋学期の授業で偶然にも取…

Chapter10 (Jutta Schickore) ”Scientists’ Methods Accounts: S.Weir Mitchell’s Research on the Venom of Poisonous Snake”

Chapter10 (Jutta Schickore) ”Scientists’ Methods Accounts: S.Weir Mitchell’s Research on the Venom of Poisonous Snake” Integrating History and Philosophy of science (2012),Boston Studies in the Philosophy of Science 263,pp.141-161. 前回に…

Jutta Schickore “More Thoughts on HPS: Another 20 Years Later”

Jutta Schickore “More Thoughts on HPS: Another 20 Years Later”Perspective on Science (2011),vol.19,no.4,pp.453-482 私の乏しい英語で読んだ限り、以下のことが書かれていると思われます。 (解釈学に関する背景知識を持ち合わせていなかったこともあり…

Chapter 2(Jan Golinski) "Thamas Kuhn and Interdisciplinary Conversation : Why Historians and Philosophers of Science Stopped Talking to One Another”

Jan Golinski "Thamas Kuhn and Interdisciplinary Conversation : Why Historians and Philosophers of Science Stopper Talking to One Another”(2013), Integrating History and Philosophy of Science, pp.13-28. 私の乏しい英語力で読解した限り、 以下…

NHK取材班編『太平洋戦争 日本の敗因3-電子兵器「カミカゼ」を制す』を読みました。

平成が終わり、令和の時代が始まろうとしている。 平成の日本には、戦争がない平和な時代だった。しかし、令和はどうか。 この先、憲法9条を始めとして、日本の安全保障のスタンスについて国民的な議論が求められることは、かなりの可能性でありうるだろう。…